”女王頭” は大丈夫?

台湾にも大きな台風が来ているようだ。”女王頭” は健在だろうか?

 

台北からバスで1時間余り、野柳地質公園には自然の造形美が待っていた。

台湾交通部観光局の案内パンフによると、野柳地質公園は北海岸に細長く突き

出た岬で、1千万年に及ぶ旺盛な地殻運動、海蝕、風蝕の影響でキノコ岩、ショ

ウガ岩、壺穴、豆腐岩、海蝕洞など、奇抜な海岸景観を展開し、石彫芸術の展示

場だという。

 

意味ありげな数々の奇岩には、各々名前が付けられている。この写真はその

一つ、”女王頭”で知られるカメラスポットに順番を待つ観光客だ。ある角度か

ら眺めると、まるで女王陛下の横顔ブロンズ像にみえるので、この名前が付い

たと思われる。ただ、撮影の立ち位置は難しい。お巡りさん?が邪魔の入らぬ

よう、一組ずつ丁寧に整理していた。

 

2年前、あの首は後5年もたないと聞いた。相次ぐ台風でも顕在かどうか。

あまり期待しないで出かけた場所だけに、感動も大きかった。

帰途は古い港町基隆に立ち寄り、快適な電車で台北に戻るのがお勧めだ。

アルバムは、TAISE-blog ”台湾 野柳−自然がつくるオブジェ” でどうぞ。



calendar

Su Mo Tu We Th Fr Sa
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

links

search this site.

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM