港湾技研一般公開

波動地盤総合水路による津波デモの見学(昨年の一般公開にて)

 

今年も7月20日に一般公開するらしい。横須賀にある港湾技研の正式な呼称は、

国立研究開発法人港湾空港技術研究所。昨年の一般公開では、いくつかの大型

実験設備が印象的だった。

 

例えば試験体に加える力の反作用に耐える壁(反力壁、反力床という)、厚さ

2m、幅16.5m、高さ7mのコンクリート壁は、壮大でいかにも頑丈そうだった。

津波などの実験・研究をする波動地盤総合水路は、長さ184m、幅3.5m、高さ

12mとか。津波が壁に当たるデモでは、見学席にも水しぶきがとび、水柱は屋根

近くまで上がっていた。

もう一つ大きな実験装置としては、滑走路の舗装性能を評価するもの。

ジャンボジェット機の脚4輪を備える巨大な航空機加重載荷装置、この装置は、

空港舗装としての支持力や耐久性など、舗装性能を評価するものらしい。

ただいずれの大規模設備も、決して新しいとは言い難い。今後の維持・管理・

更新など、大いに気になったが・・。

 

 

 

 



calendar

Su Mo Tu We Th Fr Sa
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

links

search this site.

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM