自動運転に思う

平潟湾上を走る横浜シーサイドライン

 

自動運転で運行されている横浜シーサイドラインが、6/1逆走事故を起こした。

昨日の報道によると、原因は制御信号線の断線らしい。断線で事故とは、自動

運転の資質にいささか疑問を感じる。

 

小生が自動運転で気になるのは、情報・制御機器周辺の電磁環境問題だ。即ち

不要電磁波の発射(Emission)と耐性(Immunity)ということだ。平素は支障なく

使えでいる情報機器も、予期せぬ電磁環境下で誤動作するというやっかいな

問題だ。今回の事故も、この種電磁環境問題に起因したとすれば、専門家でも

その特定は難しかったと思う。

 

事故原因が断線と特定できたことで、一安心といえるが、それにしても断線で

事故という自動運転の仕組みは、少し幼稚すぎる気がする。



calendar

Su Mo Tu We Th Fr Sa
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

links

search this site.

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM