モーターショー

YAMAHAブースにて(10/30)

 

第46回東京モーターショー2019を見てきた。会場がビッグサイト西・南館と

青海展示棟に分かれ、なんとも集中力に欠ける印象だった。展示車もこれまでの

自動運転志向の意気込みはほとんど見られず、一服の感じだ。

 

ただ子供たちのメカ体験コーナーなどは大変盛況で、将来のお客様開拓に一石を

投じたといえるかもしれない。


台風19号の教訓

台風19号の被災表現で、共感した二つのフレーズを紹介しよう。

「あまりに広範囲で、多岐にわたる甚大な被害」「誰もが被災者になりうる、

そんな未曽有の時代に突入している」

(いずれもメルマガ、東洋経済ONLINE 10/17号から)

 

台風19号は、これまで経験したことのない甚大な被害をもたらした。その被害は

意味もなく安心と信じていた都会にまで及んだ。

今更ながら行政が発行するハザードマップが恨めしい。もしかしたら人災かも、

そんな声もちらほら聞こえる今日この頃だ。

今後どう生かされるか。

 

我が家についてはどうか。

停電は免れたが、ケーブルテレビは早々にダウンした。ケーブルテレビと同梱の

電話、インターネットも不通だ。

雨は?風は?中心位置は?これからどうすれば?、今欲しい情報は、ラジオも

携帯電話の災害情報も市の防災無線も、あまりに時間遅れで悲しい。TVの

リアルタイム情報はさすがだが、肝心の今はお休み中だ。有線通信の危うさを

目の当たりにして、不安はつのるばかりだ。

危うく難は免れたがこの経験は、無駄にしてはいけない。我が家の反省点も多い。

 

 

 

 

 


強烈台風接近

大型で非常に強い台風19号が、明日にも伊豆半島あたりに上陸し、関東地方を

直撃しそうだ。空の便は早々90%越えの欠航を発表しているし、JRはじめ私鉄

各社も計画運休を示唆している。

 

ラグビー日本代表の1次予選最後の試合は、明後日横浜で予定されている。さて

どうなることか。外国の選手らも日本の台風を直に感じ、さすがたまげることだ

ろう。とんだおもてなしとなって、申し訳ない限りだ。

 

一方朗報としては、ノーベル化学賞に吉野彰さんの受賞が伝えら、連日TVでご尊

顔を拝している。リチウムイオン電池の主導的開発が評価されたというが、この

電池、日常生活への寄与は計り知れない。

ただ価格競争の面では、中国や韓国の後塵を拝しているようで、なんとも口惜しい

かぎりだ。

 

秋も深まり、今週末は色々イベントも多彩だったはずだが、さてどうなることか。

TVは、”自分の命を守れ”と報じるが、今は嵐の前の静けさだ。


ポケベルは終わった

全盛期のポケベルに出会う(YRP無線歴史展示室にて)

 

9月30日で、約半世紀の歴史を持つポケベルは、幕を閉じた。小生が持たされ

たのは1990年代、ポケベル全盛期の頃だった。出先でポケベルが鳴ると、事務

所に電話を入れていたが、その後電話番号が表示されるようになり、事務所経由

はなくなった。

所かまわず呼ばれるポケベルには、便利さと共にいささか負担を感じたものだ。

 

ポケベルは無線呼び出しと称され、周波数は250MHz帯、基地局電力は250W、

”鳴らなかった” とは言い難いシロモノだった。

 

長年移動通信にかかわってきた小生には、ポケベル、ガラケー、スマホなど、

プライバシーの見える化を進めたようで、いささか心苦しく思っている。

 


ブランチ南部市場?

開店2日目、まだ10時前だが。 ”食の賑わい「ブランチ横浜南部市場」”(9/21)

 

横浜市の中央卸売市場南部市場は、2015.3.31日で幕を下ろし、跡地は市場の

”物流エリア” と公募事業者らによる ”賑わいエリア” で、再開発されたようだ。

9月20日オープンしたのは、この ”賑わいエリア” 部分だ。

 

ネット情報などによると、”賑わいエリア” は大和リースの複合商業施設ブラ

ンド ”ブランチ” が採択され、”ブランチ横浜南部市場” と銘打っている。

このエリアには大型スーパーの "ave” や家電の ”ノジマ” など15店舗が軒を

連ねる。オープン2日目は土曜日とあって、人気店舗前には早朝から長い列が

できていた。

 

ただ隣接する ”横浜南部市場食の専門店” は、50店舗ほどあるらしいが、全く

カヤの外だった。一般市民が利用できるかどうかはさだかでないが、そういう

わけで、スルーしてしまったのは心残りだ。

 

 


稚内にきた

日本の最北端宗谷岬、この日はサハリン島が水平線上に横長くみえた。 (9/10)

 

標識がロシア語併記ときく稚内は、日本最北の街、以前から1度訪れたい地で

あった。JR稚内駅は駅前広場とともに2012年に整備されたという。かって

定期航路の桟橋(現北防波堤ドーム)まで伸びていたという線路は、駅舎を

スルーして駅前広場で消えていた。

 

足をのばした宗谷岬は、多少の海風はあったが気温も20度を超えて快晴、サハ

リン島が水平線にうっすら見える心地よい散策日和であった。ちなみにサハリン

島までは40数キロとか。近くて遠い異国である。

 

ここ稚内にはかっての職場の支所があったが、訪れる機会はなかった。また宗谷

と聞けが、確か以前の南極観測船だ、晴海ふ頭に友人を見送りに行ったのを思い

出す。当時お土産にもらった南極の石は、どこにいったか。

 

 


利尻・礼文は暑かった

 

礼文島・桃岩展望台から見る利尻山(9/9)

 

何日か前の稚内地方の天気予報では、9月9日の天気・曇り時々雨、最高気温

18度、最低気温12度だったかな。礼文島のミニハイクに備えて、カッパ、防寒

着を準備し、この日に備えた。でも予報は見事にハズレた。

9月9日は台風13号と15号の狭間で、天気快晴、気温は30度超えの真夏日、

夏季でも30度を超えることはめったにないとガイドは言っていた。

さすが日本海を吹き抜ける風は強く、海は白波を立てていたが、地元ではさざ

波だそうだ。大いに船酔いを心配したが、大型フェリーは揺れも少なく無事

クリアできた。

それにしても天気に恵まれ、船酔いもせず楽しい旅行となった。詳細は次と

しよう。


”女王頭” は大丈夫?

台湾にも大きな台風が来ているようだ。”女王頭” は健在だろうか?

 

台北からバスで1時間余り、野柳地質公園には自然の造形美が待っていた。

台湾交通部観光局の案内パンフによると、野柳地質公園は北海岸に細長く突き

出た岬で、1千万年に及ぶ旺盛な地殻運動、海蝕、風蝕の影響でキノコ岩、ショ

ウガ岩、壺穴、豆腐岩、海蝕洞など、奇抜な海岸景観を展開し、石彫芸術の展示

場だという。

 

意味ありげな数々の奇岩には、各々名前が付けられている。この写真はその

一つ、”女王頭”で知られるカメラスポットに順番を待つ観光客だ。ある角度か

ら眺めると、まるで女王陛下の横顔ブロンズ像にみえるので、この名前が付い

たと思われる。ただ、撮影の立ち位置は難しい。お巡りさん?が邪魔の入らぬ

よう、一組ずつ丁寧に整理していた。

 

2年前、あの首は後5年もたないと聞いた。相次ぐ台風でも顕在かどうか。

あまり期待しないで出かけた場所だけに、感動も大きかった。

帰途は古い港町基隆に立ち寄り、快適な電車で台北に戻るのがお勧めだ。

アルバムは、TAISE-blog ”台湾 野柳−自然がつくるオブジェ” でどうぞ。


カジノ雑感

カジノの街ラスベカスは、昼夜賑わっていたが・・・

 

現在、横浜市みなとみらいのMICE地区では、アフリカ開発会議が開催されて

いる。この界隈はIR法を先取りしたような地区だが、カジノとは無縁だ。

もしここにカジノが設置されていたら、現在とは大分様子が違うのだろうか。

 

ラスベガスやマカオはさておき、シンガポールや韓国のカジノ場を覗いたと

きは、すこぶる敷居が高かった。要するにカジノとは、賭け事を主とする遊興

施設というが、IR法に包含されると意味がちがってくるのかどうか。

所詮小生ら庶民が出入りするところではなさそう、そんな印象をもつのだが。


ヨコスカの恐竜展

うみかぜ公園で開催されている恐竜展、恐竜に触らないでください (8/17)

※マウスをのせると拡大します※

 

横須賀市の広報によると、

”恐竜たちが生きた時代を、日本が代表する造園家金井良一の世界観で創り

上げる!

この夏ヨコスカで、恐竜たちが見た世界を探検しよう!”

だって。

 

福井県立恐竜博物館を知るものとしては、・・・。


| 1/5PAGES | >>

calendar

Su Mo Tu We Th Fr Sa
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

links

search this site.

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM